Making of CAR GRAPHIC

2011年4月

本日発売のカーグラフィック最新号(6月号)の表紙は、アルファ・ロメオTZ3ストラダーレ by ザガートです。昨年8月号でTZ3コルサを紹介しましたが、これはそのロードゴーイング・バージョン。とは言っても、実際に購入して自分のガレージに収められる人は、全世界の極めて少数の、限られた顧客のみ。我々はただただ鑑賞するしかできませんが、かつての「TZ」の歴史を知る人はもちろんのこと、まったく初めて知るという人にも、希有な“目の保養”になることでしょう。

この映像は今回のザガート訪問取材の模様です。小型デジタル・カメラのムービー機能を使用して撮影していますので、少し色がおかしいシーンがあるなど、映像クオリティは悪しからずご了承下さい。朗々としたエグゾーストノートも確認できますが、いかんせんデジカメ品質。それなりの機材で録っておけばよかったと後悔しています……。

(CGテスト・グループ)

「東北地方太平洋沖地震」義援金へ多くの皆様から温かいお気持ちをお寄せ頂き、誠にありがとうございます。現在の義援金受付状況をご報告いたします。
 
2011年4月20日(水)現在
 
44件 397,400円
 
義援金については引き続き受け付けております。この機会に省燃費運転の遂行を心がけると共に、より一層のご支援・ご協力をよろしくお願いいたします。

(カーグラフィック編集部)

次号スポーツカー特集「プリンス篇」、鋭意制作中です!
今日はR380速度記録についての資料を、皆で囲んで見ています。
とても40年以上経った紙の資料とは思えない、驚きのコンディションで発掘されました。
この記録イベントの公式パンフレットから、
取材時にキクチさんが取ったラップタイム表などなどを前にして、
ベテランはベテランの、若い衆は若い衆なりの目線で盛り上がっています。
プリンス篇もホットな仕上がりになりそうで、
担当者は「やりたい内容が多すぎて、予定ページ数に収まらない……」と悩んでおります。
「あの車とこの車が同じページ内で再会しているなんて」というサプライズもありますのでお楽しみに。

続きを読む

先日のCGアーカイブつながり、というほど大げさなものではありませんが、これまでCG編集部で撮りためていた動画の中から、少し面白そうなものをまたひとつ、アップロードしてみました。テストコースで全開加速するアルファ8Cコンペティツィオーネです。それなりに目論見あってこういった動画を残しているのですが、さてこういったものがどんな形でモノになるかは、今のところ未定……。他の車種も含めてたくさん集められたら、それはそれなりに面白い企画になりそうです。

(CGテスト・グループ)

600号から連載形式でお届けしている「日本のスポーツカー探訪」。
古い話題はむしろ新規取材以上に時間を要する部分もあるため、トピックの選定とともに、最終回までを見越しての資料発掘も並行して進められています。

CGが60年代から収集し続けている資料は、写真(ネガ、ポジ・フィルム)を除く紙の資料だけでも数千箱にのぼります。重量に換算するなら20トンは下らないと言う人もいます。


続きを読む

SOCIAL MEDIA